確定申告に必要な書類と提出方法、税金の納付期限

税・確定申告

まず用意する書類は帳簿ソフト(「確定申告②会計ソフトへの入力の仕方」「確定申告③必要な同人誌の帳簿の付け方」参照)で出力した書類の他に、

源泉徴収票がある人はその現本、
そのほか株や医療費控除や保険やふるさと納税などがある人はその領収証や受領証などが必要です。
(くわしくは「国税庁 申告書の提出Q24」)

スポンサーリンク

確定申告書類の提出の仕方

確定申告の提出には現在3種類の方法があります。

1.税務署や臨時会場に直接持っていく

2.e-Tax(国税電子申告・納税システム)でオンライン提出

3.郵送

です。

オンライン提出に関しては今年から方法が若干簡単になりました。
ひとつずつ説明していきます。

1.直接税務署、もしくは臨時会場へ行く

税務署はどこでもいいわけではなく、自分の居住地の管轄の税務署でしか受付られません。
臨時会場は確定申告時期に税務署以外で確定申告の受付をする特設会場が作られたりします。

直接持参する場合、持ち物は書類の他に
マイナンバー(通知)カード、印鑑、本人確認書類(免許証など)も持って行くと安心です。

直接持っていくと税務署の方から書類を見直してもらえたり、帳簿の不明点などの質問に答えてくれます。
はじめて確定申告をする人は無料で相談できるので直接行くのがおすすめです。
ただし混雑時は2時間以上待つこともあるので時間には余裕を持って行きましょう。
待ってられんわ!という人は会場に設置してある投函箱に入れるだけでもOKです。

窓口が開いている時間に行けないよ!という人は時間外でも専用ポストがあるようなので、
提出だけなら夜中も可能です。

2. e-Taxでオンライン提出

やり方その1:マイナンバーカードとカードリーダーを使う

マイナンバー通知カードではありません

通知カードは皆持ってるペラペラの紙のあれですが、
マイナンバーカードはプラスチックのカードで中にICチップが入っているものです。
これは役所に発行手続きをしにいかなければ入手できません

しかも発行に1ヶ月くらいかかります。

このご時世に一ヶ月てー!!
確定申告の時期に突然「よし!今年は e-Tax やってみよう!」と思っても間に合わないのです。

時間があるときに早めに発行手続きをしておきましょう。

そしてもうひとつ必要なのが、マイナンバーカードを読み取るためのICカードリーダライタです。

だいたい3000円くらいで売っています。

ってお金かかるんかーーーい!!!納税のためにさらにお金かかるんかーーーい!!!解せぬ!!!

って思いますよね。ごもっともです。

一応スマホの機種が対応している人は、アプリでカードリーダーの代わりができますが、
対応してるのはまだ一部のAndroid機種のみだけです…。(対応機種はこちらから確認できます。)

その2:税務署で e-Tax 開始届出書を提出する

税務署に直接行って本人確認をし、e-Tax申請書を提出するとe-Taxが使用できるようになります。

って結局直接行かないといけないんかーーーーーい!!??!?!??

すごく…いろいろツッコミたいですが言っても仕方ありません。
これも、時間がある時に早めに申請しに行きましょう。

そう。とにかく思い立ってすぐオンライン提出しよう!と思ってもできないのが現状なのです。

これでも去年までよりは簡単になったと言うんだから驚きです。
不便すぎない…?(言っちゃった)

郵送

もはやこれが一番楽かもしれない?のが郵送です。
自分の管轄の税務署宛てに郵送します。

封筒などの形式に特に規定はないので大きすぎず小さすぎずな封筒を使用しましょう。

締切日消印有効ですが、郵便ポストの回収時間に間に合わなかったらアウトなのでご注意を!

そして発送できるのは郵送信書便だけです。ゆうパックやクロネコヤマトや佐川急便などは使用できません。

税金は確定申告最終日までが支払い期限!!

これ、初めての確定申告だと全然わからないと思うんですが、
確定申告と同時に税金を払わなければいけません。おっふ……

税金は確定申告ソフト上で算出されているので、
その金額を金融機関などに置いてある納付書に記入して入金します。

税務署から税金払ってね!などの通知や書類が来るわけではないので
自主的に忘れずに納付しましょう。

まとめ

会社員やアルバイトだと全部会社がやってくれてたので(私も一時期会社員だったことがありました)
自営業の確定申告がこんなにハードル高いなんてと、初めて確定申告した時は打ちひしがれました。
インターネットが普及してる時代でよかった……。
1回やってみると慣れて2回目からは案外さくさくできちゃうので、頑張って1回目を乗り越えてみてくださいね!

そしていよいよ次の記事「同人作家の青色申告と開業届」で今年の確定申告まとめは終わりです。こちらもぜひ読んでみてくださね!